芸術家の孤独との向き合い方 Youtubeでほぼ解決

思想と生活
思想と生活

 

9月末にバイトを退職して、芸術家として完全に独立してから丁度1ヶ月が経過しました。

日々のルーティーンにも慣れてきて、自分の人生を生きているという実感も持てるようになり、幸せを感じています。

 

特に朝、ベットから出て、まず日の光を浴びて身体を温めてるとき、1日が始まること自体に幸せを感じるようになってきてます。笑

 

バイトをしていた頃は、余計なことを色々考えてしまって、なかなかそう感じられる余裕が無かったんですよね。

自分の時間の使い方、大袈裟に言えば生き方を自分で決めれるようになり、今日1日をどう使おうかと毎朝考えることに、とてつもない充実感を感じるんです。

 

 

とはいえ、退職直後は結構な孤独を感じました。

バイトをしていた頃はもっと制作や自身の活動に集中したい!と思っていて、実際退職直後からそんな生活になったんですが、あまりにも人と会う機会が無くなってしまい、この生活は大丈夫なんだろうか?となってしまったんです。

一緒に住んでるパートナーは会社員なので、夜に会話することができますが、それ以外は近所のスーパーのおばちゃんと、お会計のやり取りをするくらい。笑

これは人間的にヤバイのでは?と思いました。

こんなに人と関わらない生活をずっと続けていけるのだろうか。

 

 

しかし、結局自分の原点は制作にあり、その軸は絶対に守らなければいけないし、そこをベースに生活いわんや人生を組み立てていくべきだから、やはりそんなに間違ってはいないんだと思います。

孤独に関しては2週間くらいを過ぎた頃から段々と慣れてきて、冒頭でも述べましたが、今は制作に集中できるこの環境にとても幸せを感じています。

 

 

孤独と言うと寂しい雰囲気がありますが、1人の時間を大切にして、自分の内面としっかり向き合うことは、表現活動をするうえでとても重要です。

良いアイデアが湧く時も、だいたい1人でいる時の方が多いんですが、みなさんはどうですか?

特に、1人で制作に没頭してる時、頭がクリアになって新しいアイデアが湧いたりしませんか?

 

退職直後に孤独を感じていた時、Youtubeで「孤独」と検索して色々見てみたんですが、創造力を高めるには、孤独でいる時間が必要なことは科学的にも実証されているようです。

Youtuberは独立して個人で動いてる方が多いからか、やはり孤独に対してはポジティブに捉えている動画も多く、モチベーションもあがりますよ!

Daigoさんのチャンネル、サラタメさんの本要約チャンネルあたりは、孤独に対しての向き合い方に関する動画もたくさんアップしてくれてるので、そこらへんを見てれば基本的に孤独は強みなんだなー!と思えるのでお勧めです。笑

 

 

もし、人との関わりの少なさなどで孤独を感じることがあったら、それは別に悪いことではなくて、むしろ自分と向き合える貴重な時間です。大切にしてください。

 

ネットさえあれば、YouTubeでいくらでも有益な情報を得られるのだし、人と会わなくなったからって、別に世界が狭くなっているわけでもないと思います。

これが一昔前だったら本当に大変だったでしょう。

引きこもってしまったら全然外の情報が得られないんですもん。

個人で活動する方がどんどん動きやすくなってきてます。

 

芸術家としてこの時代に生きれること自体が幸運ですし、情報の入れ方次第でチャンスを広げていくことも出来るので、お互い着々と頑張っていきましょう!

シェアする
アーティストライフハック

コメント