芸術家は開業届を出して個人事業主になるとメリットが大きい

お金のこと
お金のこと

アーティストは絶対に知っておくべき、開業届についての記事です。

 

この記事を読んでる方は芸術の分野に携わってる人が多いと思いますが、なんとなく自分には関係なさそうだな、と思われた方もいるのではないでしょうか。

 

恥ずかしながら、私もつい1年前まで全くこの制度を知らずに過ごしてました。

しかし、それは本当にもったいなかった!

芸術家こそ、しっかりこの制度を認識して活用すべきと感じています。

 

以下、メリットとデメリットをまとめてみましたので、まだ開業届を出してない芸術家の方は是非読んでください。

 

芸術家が開業届を出すメリット

制作に関わる多くの出費が経費になる!

開業届を提出して個人事業主になると、画材や展示費用、取材のための施設入館料(美術館など)や書籍購入代、アトリエ代などが経費にできます。

 

青色申告ができる

確定申告時に青色申告ができるので、大きく節税できます。

 

芸術家は事業税が非課税

ほとんどの職業は、カテゴリーに応じて事業税の支払い義務がありますが、しかし、職業芸術家で申告すると、なんと事業税に関しては非課税の対象なんです。

大事なのは、しっかり芸術家として申告すること!

 

事業所得と給与所得を合算できる

正社員やアルバイトなどで稼ぎながら、そのお金で制作活動をしている方も多いですよね。

会社からの給与は、すでに諸々の税を天引きされた状態で渡されますが、制作費等の経費をしっかり申告することで、払い過ぎた税が還ってくる場合があるんです。

つまり、もし芸術家としての事業所得(作品の売上等から、青色申告と、制作費などの経費を引いた額)がマイナスであれば、会社からの給与所得からそのマイナス分を引いた額が、その年の実際の収入となるため、税金が安くなります。

このことを損益通算と言います。

 

芸術家が開業届を出すデメリット

確定申告の手間

会社員ならば、会社が勝手にやってくれる(天引きしてくれる)税のあれこれを、自分でも確定申告という形でやらなければいけません。

しかし、会計アプリなどを使えば、そんなに難しくはないですよ!

私は最初からアプリをダウンロードして使ってるので、確定申告をめんどくさいと感じたことがあまり無いのですが、ほんの数年前まではかなり大変な作業だったみたいですね。

 

副業禁止の会社に勤めてる方は要注意!

開業届を出しただけで、会社にその知らせがいくことはありません。

しかし、損益通算で支払う住民税が変わった場合、その実際の支払額は会社の通知にも記されます。

通知上で他の税額は昨年までと大して変わらないのに、住民税だけ何故か安くなっている、という訳です。

これによりバレるリスクがあります。

まとめ

芸術家が開業届を出すメリットは多い

制作費などが経費となり、青色申告もできるので、大きく節税きる

事業所得と給与所得の損益通算で払い過ぎた税金が戻ってくる場合がある

確定申告の手間や、副業禁止の会社に勤めている場合はリスクもある

 

 

 

もし学生の頃に知ってたら、もっと節税できてたな、笑

 

 

シェアする
アーティストライフハック

コメント