文化芸術活動の継続支援事業の実績報告書提出!無事【額の確定通知書】が満額で発行されました。

お金のこと
お金のこと 思想と生活

 

第二期で申請していた文化芸術活動の継続支援事業補助金ですが、本日【額の確定通知書】のメールが届き、無事に満額で確定されました。

 

 

メールの下の方にマイページに飛べるリンクがあり、確定通知額がシンプルに明記されていました。

 

 

 

 

実績報告書は11月6日に提出していたので、約20日間で審査が完了したことになります。あとは振り込まれるのを待つだけ!

 

額の確定通知書が届いて思ったのは、申請時に比べて、実績報告は結構シンプルな構造でしたし、審査も優しめで、何より早かったなということです。

 

実績報告が途中から簡略化されたんですよね。当初は領収書等の提出が必須でしたが、上限20万のAー1は提出不要に変更されたため、思っていたより簡単に完了しました。

 

また、今回私は、

① 作品をプロのカメラマンに撮影していただいて、ポートフォリオを制作する

② 作品の展示会を開催する

の2つの内容で申請し、それが採択されたのですが、後に①の計画が丸々無くなるというトラブルに巻き込まれ、結局経費は全て②に使い、実績報告もそのようにならざるを得ませんでした。

 

もちろん、費用内約も申請時とは変わっていたので、最悪補助金の減額もあり得るなと想定していたのですが、無事に満額を頂けることになりました。

申請時には途中で修正依頼が入りましたが、今回はそれもなく一発通過!

良かったー!!!

 

 

 

補助金に申請するという行為自体、初めての経験でしたが、何とか無事に終えることが出来そうでホッとしています。

申請や実績報告の提出などは、他の方の記事やyoutubeを参考にしながら自力で頑張りましたが、このような良い情報を簡単にネットで得られる時代になって、改めて個人で活動する芸術家が生きやすい時代になったなと感じます。

 

実績報告がまだの方は、こちらの動画がとても参考になりましたので、よければ見てみてくださいね。

 

【文化庁の補助金に改訂が!】簡単になった実績報告を完全解説(文化芸術活動の継続支援事業:A-1 上限20万円で申請した方向け)【コロナ支援】
主に【A-1(上限20万円)】で申請した方向けに、文化庁の補助金(文化芸術活動の継続支援事業)の実績報告について解説しています。10月の改訂で、手続きが簡単になりました!精算手続きの手引き・経費明細計算書・事業報告書(実績報告に必要な資料)

 

 

 

 

 

 

シェアする
アーティストライフハック

コメント