東京での展示会で【Go To トラベル】と【地域共通クーポン】を使用してみた(アパホテル滞在)

お金のこと
お金のこと

東京での展示会を終え、京都に帰ってきました!

1週間近く東京に滞在してましたが、政府の【Go To トラベル】と【地域共通クーポン】を使用したら、旅費交通費の経費が結構浮きました!

遠方での展示会を考えている方は通常時より安くホテルに宿泊できるので、これを利用しない手はないですね!

 

1週間の東京滞在に掛かった宿泊費

 

通常予約で1泊3800円、6泊で22800円でしたが、Go To トラベルで35%割引され、1泊2470円、6泊で14820円で泊まれました!

 

アパホテルの直営サイトから予約しましたが、予約の時点で既に35%引かれた値段を提示されて、宿泊当日のチェックイン時にその金額をお支払いする形になります。

 

地域共通クーポン

 

アパホテルでは、チェックイン時にコンシェルジェの方から地域共通クーポンの説明があります。

クーポンの受け取りには身分証明書が必要で、通常価格の6泊22800円の15%分3420円を1000円単位で四捨五入した、3000円分のクーポンを頂きました!

 

 

チェックイン当日からチェックアウトの日まで使用できます。

 

 

クーポンは東京でも気軽に使える場所が少ない

 

このクーポンでレストランでの3食分を浮かせることが出来る!と思っていましたが、いざ調べてみると、意外と使用できる店舗は少ないです。

専用のリサーチサイトから探してみましたが、レストランにおいてはポツンポツンと点在している感じで、そのレストランの詳細情報などはいちいち店舗のサイトに飛ばないと分からないので、使い勝手はあまり良くない印象。

結局、コンビニで食料と必要なものを買って全クーポンを消費するという、色気のない使い方をしました、笑

とはいえ、おかげさまで滞在中の食費はかなり抑えられましたね。

 

 

流石に長期連泊のツアーは無かった

 

新幹線代+宿泊代にまとめて割引が適用されるツアーなどがあれば、もっとお手頃感があると思いますが、流石に京都⇄東京でも6泊のツアーは見当たりませんでした、笑

しかし、ホテル代の適用だけでも結構なお得間を感じることができて満足感も高いです!

 

 

 

名前こそ【Go To トラベル】ですが、出張で滞在する必要がある方にとっても、かなり使える制度です。

会社員の方なら、出張費は経費で会社から出してもらっても、発行されるクーポンは自分で使えるのでラッキーですよね、笑

使わない手のない制度だと思います!

 

 

 

 

シェアする
アーティストライフハック

コメント