コロナ渦のトークイベントはPeatix+Zoomがお勧め

展示と公募
展示と公募

 

2020年7月に、自身の活動や作品をご紹介するトークイベントを行いました

 

本来なら30人ほど入る会場でしたが、新型コロナ感染防止のために人数制限を行い、会場のお客様用の椅子は15席のご用意

 

そのかわり、オンライン中継にも挑戦しました

 

オンライン中継でのトークイベントは、関係者全員が初めてのことだったので、色々と試行錯誤でした

 

まず、Peatixというイベント管理サービスを使用して、チケットを販売

(サイトはこちら https://peatix.com/

 

入会金などもかからず、誰でも簡単にチケット販売&広告ができる、使い勝手の良い便利なサービスだと思います

 

Peatixで、会場視聴とZoom視聴のチケットを売り、Zoomのチケットを購入してくださった方には、URLをメールで送るという流れです

 

どちらも同じ価格で販売しましたが、最終的に本来会場の定員である30名を大幅に上回る人数を集めることができました!

すごいな!

 

参加したいけどコロナで会場に来るのを躊躇っていた方や、遠方にお住まいの方も参加していただけたので、それが本当に嬉しかったです

 

 

ただ、Peataxのデメリットを挙げるとすれば、手数料が高いかな、笑

4.9% + 99/チケット1枚 で計算されるので、例えば1000円のチケットを売ったら、手数料が大体150円

100枚売れたら10万の売上から1万5千円引かれた額が振り込まれるので、純利益は8万5千円

お金のやり取りなどもシステム化されてるので、そこらへんの手間を考えると妥当なんかな?

 

 

 

 

今回、コロナ渦の中でトークイベントを遂行するのか否か、結構ぎりぎりまで迷いましたが、オンライン同時並行で大きな結果を得られたことが、本当に良かったなと思います

以前までは、会場の雰囲気を含めトークイベントだ!と思ってた節があるのですが、意外とオンラインも違和感が無かった

それを発見できたことが大きな成果でした

 

このようなご時世で、なかなか不特定多数の集まりは敬遠されがちですが、Peatax + Zoom のオンライン同時並行トークイベント、お勧めです!

 

 

シェアする
アーティストライフハック

コメント