成功したければこの言葉だけは使うな!

思想と生活
思想と生活 本とYoutube

 

キングコングの西野亮廣さんが、2020年1月にyoutubeにアップした「成功したければこの言葉だけは使うな!」という動画があります

わたしは、使ってはいないけど、たまに考えてしまうワードだったので、この動画を見て反省

 

成功したければ○○は使うな!-西野亮廣

 

成功している人の方法論をぶった切るときに、それは、〇〇さんだからできたんじゃないか

 

この言葉、絶対に使っちゃダメ、って内容です

 

例として、ホリエモンこと堀江さんをあげてます

 

わたしは最近、まさに堀江さんの動画をよく見てて、彼の理論を聞いてそう思ってしまうことがありました

 

彼の知名度、お金、持ってるモノがあるからこそ、できることなんじゃないかと

 

でも、堀江さんは、生まれた時からホリエモンだったわけではなく、努力や発信を続けて、後天的に、ホリエモンになれたのだと

 

なのに、これを卑怯だ、とか、さもドーピングのように捉えてしまう人が少なくなく、それはナンセンスだよと

 

本当にそうですね

 

例えば、わたしはアーティストとしてインスタに力を入れていて、長い時間と、少なくない労力をかけて、フォロワーやファンを増やしてきました

そんななか、違う分野で知名度のある方が、いきなりアートを始めて、凄まじい勢いでアーティストとしての地位を確立し、フォロワーもみるみる増えていくのを見ると

なんか、アートって、そうじゃないのに、とか思っちゃうことがあります

 

でも、やはりそれは需要があるから成り立っているわけで

そもそも、違う分野で知名度を上げる努力をしてきたから、アートというブルーオシャンで成功することも出来てるんだなと

 

結局、1個人として、何者かになる努力を続けなければいけないし、それは専門性を磨くでも、インスタでファンを増やすでもいいのだけど

誰かの成功を見て、その方法論を聞いて、〇〇さんだからできたんじゃん、ってひがんでる暇なんて無いよな、と思うのでした

 

西野さんの語り口って、聴き易くて好きだな

 

成功したければ○○は使うな!-西野亮廣
シェアする
アーティストライフハック

コメント