社会不適合者の『社会』って何だろう?

思想と生活
思想と生活

 

わたしがまだ美大生だった頃、周りには自称社会不適合者が少なからずいました

個性を全面的に押し出して、非生産的な物を時間とお金が許す限り作ってる人たち(わたし含む)でしたから、まあ確かに社会から求められる存在では無いかもしれません、笑

 

 

さて、わたしは今、作家活動をしながらアルバイトもしてます

某一部上場企業が展開する工芸の仕事です

仕事は楽しいです

 

社員の上司は、社員の部下にはとっても厳しく、アルバイトには結構甘い

 

 

美大生だった頃のわたしなら、この状況に焦ったかもしれません

このままバイトを続けていたら、成長できないかもしれない

『社会』の常識を身につけられないまま、社会不適合者になってしまうのでは、、、

正社員にならないとダメなんじゃないか、、、

 

 

今はこう思います

 

 

この『会社』の常識や慣習は、わたしの人生に本当に必要なものだろうか

自分のリソース(時間と精神力)を大きく費やしてでも、身につけるべき物だろうか

わたしにとっては、恐らく違います

 

 

以前は、会社に適合できる = 社会適合者 と考えてしまいがちでした

現在、わたしの社会の概念は、かなり広くなりました

 

あの会社ではアルバイターで

あの工房では唯一の存在で

彼氏にとっては彼女で

作家としても経済を動かしてます

 

 

仕事は、やるからには、ちゃんとやる

けど、目標を見失わないように

 

何より、人と違うことが強みになると感じてるので、自分に適合する社会を探した方が面白そう

 

会社=社会ではないよね、って話でした!

 

シェアする
アーティストライフハック

コメント