作品価格を決める

思想と生活
思想と生活

 

職業芸術家として開業して以来、芸術家って作る”以外“の仕事がこんなにあるのかと驚いてます

 

例えば価格設定

 

自分の作品の価格帯って決まってますか?

わたしの場合、市場価格を研究したり、知人から意見を乞うたり、現在の値段になるまで、それなりに紆余曲折がありました

 

先日においては、他の作家さんとのコラボレーション企画の一環での作品に、値段をつける機会がありました

わたしの作品に、他の作家さんが手を加えて、コラボ作品としてお客様にお披露目するというものです

 

わたしは芸術家としてはまだまだ駆け出しで、ましてコラボは初めての経験でしたが、コラボ相手の作家さんは、私より知名度のある方で、この企画は私にとって良い話に違いありませんが、相手にとっては可も不可も無しといったところでしょうか

こういう場合に、わたしの作品を、いくらで相手に売ればいいのか悩みました

ここでの価格が、今後生まれるかもしれない、他のコラボレーション企画の軸になりかねないからです

 

最終的に、本来自分の中で決めている作品価格より、だいーぶ抑えて提供してきた訳ですが、相手の方に、その値段でいいんですか?と言われてしまいました、笑

 

 

 

芸術家という名のフリーランスは、決断しなければいけない事柄が沢山あって、ほとんどのことは未経験からのスタートになると思います

合ってるか間違ってるかなんて、経験を踏まないとわからないので、とりあえずやってみて結果を見るしかない

 

わたしは今日、新しい事柄で最初の第一歩を踏んだ訳ですが、他にも最近踏み始めたことや、これから踏まなきゃいけないコトが沢山!

それらのほとんどは、作品制作”以外“のことが多かったりします

 

芸術家は作品だけ作ってればいいなんて、一体どこの御伽話やらと思いつつ、一歩ずつ前に歩いてることを実感できるフリーランスって、面白い生き方だなと感じる今日この頃です

 

 

さて納品書を作成して送らねば!!

 

 

 

シェアする
アーティストライフハック

コメント