芸術家としての生き方を振り返る!『うまくいってる人の考え方』

思想と生活
思想と生活 本とYoutube

 

アメリカの著述家ジェリー・ミチントンさんの『うまくいってる人の考え方』を読んだのでご紹介します

 

 

内容を大まかにわけると分けると、前半で『自尊心を持つことの大切さ』、後半で『より良い考え方を選ぶこと』を、100の項目で説いています

 

相手を自分と同じように大切にすれば〜
自分の考えも、他人の考えと同じくらいに重要だ

 

自分と相手のどちらも尊重しながら、すんなりと自分を大切にできる考え方に好感を持ちます

日々ちょっとずつ対実践していけそうな心の持ち方、考え方がやわらかく提示されてます

 

本当に楽しいと思うことをもっとする。何かに没頭している時、不確実な未来や悲痛な過去について考えず、現在に生きていた。幸せとは、我を忘れて何かに没頭している時の感情だ。

 

これは、まんま制作している時の感情だなと

作品作りに集中している一瞬って、未来のことや過去のことが完全に頭から消えてませんか?

どうやったら上手く仕上がるか、頭の中のイメージを外に出すことに必死で、その他のことが全部一旦置き去りになると言いますか

将来やっていけるのかだとか、コンペに落ちてしまっただとか、そういう不安要素が、制作してる時間はどっかに行ってます

感覚的に、制作してる時間が幸せだよな、という思いは常々ありましたが、的確に言葉に置き換えられたようででハッとしました

 

一部の人に嫌われても気にしない。自分に危害が及ばない限り、何もする必要はない
自分を飾らない。誰にも迷惑をかけない限り、自分らしく振る舞えば良い。

 

アドラーのベストセラー『嫌われる勇気』にも似たような趣旨の文章がありますが、フリーランスになってからというもの、この教えの大切さは身に染みます

アーティストは表現すること自体に意義があると思いますが、やはり作品にお金を払ってもらえたら嬉しいものです

ギャラリーやお客さんに作品を適合させたり、気に入ってもらえるように接したり

ただそういうことを続けると、やはり捻れてきますよね

長い目で見ると、自分がしたいように表現し続けるのが、結局は近道なんじゃないかなと

 

個展とか開くと、なんか胡散臭いおじさんが来ることありませんか?

先行き不安なアーティストに、怪しい餌をぶら下げて来る人

目先のことに釣られて時間を無駄にしないように、お互い気をつけましょう

 

 

芸術家というのは常に他人からの評価がつきまといがちです

流されず自分を貫く心構えを鍛えるために、本書を参考にしてみては?

 

 

シェアする
アーティストライフハック

コメント