アトリエを探してる芸術家の独り言

思想と生活
思想と生活

 

 

題名通り、現在アトリエを探しています

制作の拠点が海外なので、普段は海外で制作したものを日本で販売しているんですが、まぁコロナで海外行けなくなっちゃったでしょ

制作難民なんです、今、笑

 

 

もともと半年海外、半年日本って感じなんですが、もうね、発表して売るものも無くなってきてしまってます

いつかはまた海外に戻るとして、日本で制作できる拠点も持っておいた方がいいよな、という状況です

もっと言えば、日本でも制作の拠点が欲しい、っていうのは、しばらく前から思ってたのですが、行動に移さざるを得なくなってきている感じ

色々とライフイベントも迎えるかもしれないような年頃だし、すぐ海外に行ける、しかも長期滞在、っていうのが難しくなる日が来るのかも、なんて思ったり

 

 

 

さて、わたしがアトリエに求めるものは以下3つ

①音出しOK
②住居兼
③なにかしらシェアの要素がある

 

 

①音出しOK

いやはや中々ないですよね、これがいける物件、笑
制作にハンマー使う場面があって、結構大きな音が出るんです
今のところ、線路のすぐ脇にある物件だから音も多少出てOKなアパート(笑)と、あとはやはり郊外になるのかな

現在は都心に住んでいますが、ここをクリアできるとなるとだいぶ限られてきますね

 

 

②住居兼

アトリエとしても住居としても使えるところが便利
余計な時間が取られないところ
どっちの家賃も支払っていたら大変だし

現在は彼と同居していて、引っ越すにしても2人で移動することになるんですが、こうなるとまた難しくなるんですよね

1人でお引っ越しだったら、共同制作ビルとか、シェアアトリエとか、アーティスト向けの物件って色々あるけれど

ものづくりをしてる人たちが集まるビルとか、めちゃ楽しそう

 

 

③なにかしらシェアの要素がある

②の話にも通づるけれど、制作のモチベーションを保つのに、シェアっていい制度だなと思います

美大の制作室とか本当に楽しかったよね

不安定なことも多い芸術家もといフリーランスなので、壁に囲まれた部屋で1人で制作してたらフツフツとしちゃいそうで(彼は日中仕事に出ている)

コロナ期間の外出自粛で、おうちでの作業にも慣れてきたけど、できれば人の目があるところがいいなぁ、という感じです

別に、知り合いじゃなくても、たとえばガラス張りのオープンスペースのアトリエで、道を歩いてる人とかが、外から見えるようなアトリエとかあったら理想的!

 

 

とまぁ、色んな欲があり、なかなか良い物件に出会えませんで
引き続き探してみようと思います

以上、アトリエを探している芸術家の独り言でした〜

シェアする
アーティストライフハック