iPhoneは本当に最適解か「官邸vs携帯大手 値下げを巡る1000日戦争」

思想と生活
思想と生活 本とYoutube

 

最新のiPhoneを購入することは必要経費だと思っていました。

毎日かかさず使うものだし、多方面でパフォーマンスが上がるので、新しいiphoneを買うことは自身への投資なのだと。先日発売されたiPhone12も、予約開始直後に購入しました。

日々の制作の様子を手軽に綺麗に動画に残せたり、作品の物撮りなどもiPhoneで済ませることもあるので、十分元がとれる投資だと思っていますし、現状不満もありません。

 

ただ、先日の中田さんのYoutube大学の動画は、なかなか刺さるものでした。

【官邸vs携帯大手①】菅総理の「四割下げる」発言…値下げを巡る1000日戦争(Japanese Mobile Phone Carriers vs. the Government)
この動画の前編・後編はこちら中田敦彦のWebコミュニティ「PROGRESS」はこちら中田敦彦のトークチャンネルはこ...

iPhoneの価格って、本当に性能に見合っているのだろうか。思考停止しているのでは。

 

普段、何か大きな買い物をする時、私は徹底的に値段と性能のバランスを調べます。なるべく安い値段で良い物を買いたいと思うのは、誰でも思うことでしょう。調べすぎて逆に時間を無駄にしてないかと思うこともあるくらいです。

しかし、新しいiPhoneが出た時は、特に他社製品と比べたりしていないんですよね。そのiPhoneがどのような新しい性能を持っているかを調べ、値段を見ますが、AppleのサイトやApple製品を紹介するサイトばかり参考にしています。

完全に信用で買ってました。

 

日本でのiPhoneユーザーが占める割合はバカでかいですが、世界的に見ると、意外とそんなに占めていません。この動画を見ると、なぜ日本人がこんなにiPhoneを使うようになったのか、それがいかに思考停止の産物なのかが分かります。自分も当てはまってて、はっとさせられました。

 

本当は、iPhoneレベルの機能を持っている、iPhoneより価格の安いスマホなんて、沢山出回っているのかもしれません。でもちゃんと調べもせずにiPhoneを買っています。

正直、現在iPhoneを使っていてストレスを感じることなどはありません。あきらかに生活が便利になるし、もはやなくてはならないものです。

ただ、今後も新しいiPhoneやiPadなどを買い換え続けることに、疑問を持たないって、本当危ないことだと感じました。トータルで見ると、とても大きな出費ですから。

 

長らくスマホ=iPhoneは最適解だと思っていましたが、ちゃんと自分の頭で合理的に考えなければいけないなと思わされる良い動画です。あっちゃんかっこいい!

 

シェアする
アーティストライフハック

コメント